【太もも痩せ】太もも痩せのポイントは「お尻とお腹」にある!

高正康平
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

本日は

太もも痩せの方法

について、

 

太ももに悩む人の共通点

太もも痩せのポイントはお腹とお尻

トレーナーがオススメするトレーニング

 

と3つに分けて、話していきます!

 

太ももに悩む人の共通点

まず、

太ももに悩む人の共通点

を解説していきます。

 

太ももに悩みがある人の共通点はシンプルに1つです。

 

それは、

太ももを使いすぎていることです。

 

これだけだと、何のことかわからないと思いますので、

理由について詳しく話をしていきます。

 

太ももに悩んでいる人は、シンプルに太ももを使いすぎています。

なぜかというと、

太ももを使わざるを得ない姿勢になっている

からです。

 

どういう姿勢になっているの?ということですが、

まずはじめに、全身の姿勢を前・横から撮影してください。

 

撮影が終わったら、下の3つの写真を見て比べてみてください。

 

①腰の部分が反っている

 

②膝が開いている

 

③身体が前に倒れている

 

もし、ご自分の姿勢と3つの写真を見比べて1つでも該当していたら、

腿が太くなっているorこれからなる可能性がとても高いです。

 

これらの3つの姿勢に共通していることは、

身体の中心となる大事な部分を使えていない

ということです。

 

その部分というのが、お腹とお尻なんです。

 

太もも痩せのポイントはお腹とお尻にある

太ももの話をしてるのに、なんでお腹とお尻なの?

 

と疑問を抱く方も多いと思います。

 

しかし、下半身が太いと悩んでいる方のほとんどがお腹とお尻を使えていないんです。

使えていないから、普段から腿に頼らざるを得ない身体になっているのです。

 

そうすると、

どんどん末端の太ももやふくらはぎが太くなり、気付くと下半身に悩まされるようになるのです。

 

それでは少し視点を変えて

身体をメトロノムに例えて説明していきたいと思います。

例えば、メトロノームに重りが付いているとします。

もし、重りの付いている場所が下の方にあると動きは早くなると思います。

逆に重りが上の方にあると、てこの原理によって動きがゆっくりになると思います。

 

なぜメトロノームの話をしているかというと、

メトロノームをひっくり返してみると、その形が人間の下半身に似ているからです。

 

先ほどの重りの話を身体に例えると、

中心のお腹やお尻の筋肉が働いていると、少ない力で効率よく動くことができます。

しかし、お腹やお尻が働いていないと身体の末端の部分(太ももやふくらはぎ)を使って身体を動かすため、大きい力が必要で、効率良く動くことができないのです。

 

効率良く身体が動かないと、

どんどんふくらはぎや太ももを使ってしまい、そこに筋肉が付いてしまいます。

 

なので大事になってくるのは、

お腹やお尻が使えるようにして、太ももにかかる負担を減らすことです。

そうすれば、

結果的に太ももが痩せやすくなっていくと思います。

 

オススメのお腹・お尻のトレーニング

それでは、

「太もも痩せのためには、お腹とお尻を鍛える!」

ということを話でしたので、

 

最後にお腹とお尻を鍛えるオススメのトレーニングを紹介したいと思います。

 

まずはお尻のトレーニングになります。

①ヒップリフト

腿が太い人はこの動作を行うと、腿前に力が入りやすいことが多いです。

もしやってみて、腿前に効いていたらあなたは完全にお尻を普段使えていないです。

肩から膝までを一直線にして、お尻を内側に締める意識で行ってみてください。

②ヒップリフト(ベンチや椅子の上で)

次は、先ほどのヒップリフトの応用になります。

先ほどのヒップリフトと意識するポイントは変わりませんが、

特にお尻が弱い人は、腿裏(ハムストリング)に効きやすくなります

腿裏ではなく、お尻に意識を向けれるように行ってみてください。

 

続いて、お腹のトレーニングになります。

③クランチホールド

この動作では、お腹の深い部分、いわゆるインナーマッスルのトレーニングになります。

動作をして重要なポイントは、息を吐き切ることです。

息を吐くことでインナーマッスルが刺激され、より効果的にお腹に効きやすくなります

そもそも身体が上がってこない人はかなりお腹の筋力が弱っているので、練習していきましょう。

 

④レッグレイズ

この動作では、お腹の下部を主に鍛えていきます。

動作をして重要なポイントは、足をゆっくり下げることです。

トレーニングでは上に上げる方を意識される方が多いですが、大切なのは下げる動作になります。

下げる時は先ほどと同様、息をしっかり吐きながら行ってください。

 

太ももに悩まない身体になる

今回は、

「太もも痩せのポイントは、お尻とお腹にある!」

ということについて解説をしていきました。

 

皆さんよく勘違いされるのは、太ももを細くするには太ももを鍛えれば良いのではないか。

といった考え方です。

 

普段から腿前や腿横を使っている人が腿を鍛えても、更に太くなることを手助けしてしまいます。

 

大事なことは、身体の中心にあるお腹とお尻をしっかり使えるようになることです。

 

今回の姿勢を見て、「当てはまるな!」と思った方は、今日からでもトレーニングを実践してみてくださいね!

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

ビジネスパーソン専用パーソナルジムBeU『ビーユー』
トレーナー 高正康平

ジムオープン記念キャンペーン実施中!
お問い合わせはこちら

 

オンラインコース受付開始!

コロナウイルスによる外出自粛により、中々運動ができていない方へ

パーソナルトレーニングをオンラインで受けられるようになりました。

運動習慣をつけたい!家でも運動をしたい!という方は下記の問い合わせ先にご連絡ください。

 

オンラインコースの問い合わせはこちら🔽

お問い合わせフォーム

 

 

本日は

太もも痩せの方法

について、

 

太ももに悩む人の共通点

太もも痩せのポイントはお腹とお尻

トレーナーがオススメするトレーニング

 

と3つに分けて、話していきます!

 

太ももに悩む人の共通点

まず、

太ももに悩む人の共通点

を解説していきます。

 

太ももに悩みがある人の共通点はシンプルに1つです。

 

それは、

太ももを使いすぎていることです。

 

これだけだと、何のことかわからないと思いますので、

理由について詳しく話をしていきます。

 

太ももに悩んでいる人は、シンプルに太ももを使いすぎています。

なぜかというと、

太ももを使わざるを得ない姿勢になっている

からです。

 

どういう姿勢になっているの?ということですが、

まずはじめに、全身の姿勢を前・横から撮影してください。

 

撮影が終わったら、下の3つの写真を見て比べてみてください。

 

①腰の部分が反っている

 

②膝が開いている

 

③身体が前に倒れている

 

もし、ご自分の姿勢と3つの写真を見比べて1つでも該当していたら、

腿が太くなっているorこれからなる可能性がとても高いです。

 

これらの3つの姿勢に共通していることは、

身体の中心となる大事な部分を使えていない

ということです。

 

その部分というのが、お腹とお尻なんです。

 

太もも痩せのポイントはお腹とお尻にある

太ももの話をしてるのに、なんでお腹とお尻なの?

 

と疑問を抱く方も多いと思います。

 

しかし、下半身が太いと悩んでいる方のほとんどがお腹とお尻を使えていないんです。

使えていないから、普段から腿に頼らざるを得ない身体になっているのです。

 

そうすると、

どんどん末端の太ももやふくらはぎが太くなり、気付くと下半身に悩まされるようになるのです。

 

それでは少し視点を変えて

身体をメトロノームに例えて説明していきたいと思います。

例えば、メトロノームに重りが付いているとします。

もし、重りの付いている場所が下の方にあると動きは早くなると思います。

逆に重りが上の方にあると、てこの原理によって動きがゆっくりになると思います。

 

なぜメトロノームの話をしているかというと、

メトロノームをひっくり返してみると、その形が人間の下半身に似ているからです。

 

先ほどの重りの話を身体に例えると、

中心のお腹やお尻の筋肉が働いていると、少ない力で効率よく動くことができます。

しかし、お腹やお尻が働いていないと身体の末端の部分(太ももやふくらはぎ)を使って身体を動かすため、大きい力が必要で、効率良く動くことができないのです。

 

効率良く身体が動かないと、

どんどんふくらはぎや太ももを使ってしまい、そこに筋肉が付いてしまいます。

 

なので大事になってくるのは、

お腹やお尻が使えるようにして、太ももにかかる負担を減らすことです。

そうすれば、

結果的に太ももが痩せやすくなっていくと思います。

 

オススメのお腹・お尻のトレーニング

それでは、

「太もも痩せのためには、お腹とお尻を鍛える!」

ということを話でしたので、

 

最後にお腹とお尻を鍛えるオススメのトレーニングを紹介したいと思います。

 

まずはお尻のトレーニングになります。

①ヒップリフト

腿が太い人はこの動作を行うと、腿前に力が入りやすいことが多いです。

もしやってみて、腿前に効いていたらあなたは完全にお尻を普段使えていないです。

肩から膝までを一直線にして、お尻を内側に締める意識で行ってみてください。

②ヒップリフト(ベンチや椅子の上で)

次は、先ほどのヒップリフトの応用になります。

先ほどのヒップリフトと意識するポイントは変わりませんが、

特にお尻が弱い人は、腿裏(ハムストリング)に効きやすくなります

腿裏ではなく、お尻に意識を向けれるように行ってみてください。

 

続いて、お腹のトレーニングになります。

③クランチホールド

この動作では、お腹の深い部分、いわゆるインナーマッスルのトレーニングになります。

動作をして重要なポイントは、息を吐き切ることです。

息を吐くことでインナーマッスルが刺激され、より効果的にお腹に効きやすくなります

そもそも身体が上がってこない人はかなりお腹の筋力が弱っているので、練習していきましょう。

 

④レッグレイズ

この動作では、お腹の下部を主に鍛えていきます。

動作をして重要なポイントは、足をゆっくり下げることです。

トレーニングでは上に上げる方を意識される方が多いですが、大切なのは下げる動作になります。

下げる時は先ほどと同様、息をしっかり吐きながら行ってください。

 

太ももに悩まない身体になる

今回は、

「太もも痩せのポイントは、お尻とお腹にある!」

ということについて解説をしていきました。

 

皆さんよく勘違いされるのは、太ももを細くするには太ももを鍛えれば良いのではないか。

といった考え方です。

 

普段から腿前や腿横を使っている人が腿を鍛えても、更に太くなることを手助けしてしまいます。

 

大事なことは、身体の中心にあるお腹とお尻をしっかり使えるようになることです。

 

今回の姿勢を見て、「当てはまるな!」と思った方は、今日からでもトレーニングを実践してみてくださいね!

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

ビジネスパーソン専用パーソナルジムBeU『ビーユー』
トレーナー 高正康平

ジムオープン記念キャンペーン実施中!
お問い合わせはこちら

 

オンラインコース受付開始!

コロナウイルスによる外出自粛により、中々運動ができていない方へ

パーソナルトレーニングをオンラインで受けられるようになりました。

運動習慣をつけたい!家でも運動をしたい!という方は下記の問い合わせ先にご連絡ください。

 

オンラインコースの問い合わせはこちら🔽

お問い合わせフォーム

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BeU , 2020 All Rights Reserved.