体作りの秘訣は味覚にある!?味覚の重要性について解説!

高正康平
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

本日は、

 

「体作りの秘訣は味覚にある!?」と題して

 

味覚の重要性について解説をしていきたいと思います!

 

味覚とは?

まず、味覚とは何か?について解説をしていきます。

 

味覚とは、

動物の五感の1つであり舌を受容器として、

甘味・酸味・塩味・苦味・旨味などを認識する感覚のこと

を指します。

 

食べたものに対して、

酸っぱい、甘い、しょっぱいなどを感じるのが味覚になります。

 

では、なぜ味覚が体作りに大切なのでしょうか?

一見、体作りと味覚には全く関係が無いと思いがちです。

 

しかしポイントになるのは、

味覚はどこを刺激しているか?

ということです。

 

前述した通り、味覚は舌(味蕾という部分)を受容器として味を感じています。

では、その味覚の情報はどこに行くでしょうか?

 

答えは脳です。

 

味覚の情報は、脳神経に伝達されて、その情報を元に脳から身体へと司令がなされます。

つまり脳への良い刺激が行くと、身体の状態は良くなりやすくなる。

脳へ悪い刺激が行くと、身体の状態は悪くなりやすくなる。

 

そのことから、脳に良い刺激を送ると、身体作りがうまくいく可能性は高まる

ということです。

 

自分に合う味覚って何?

では、脳に良い刺激を送るためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

それは、「自分に合う味覚を取る」ということです。

 

え?どういうこと?と思った方も多いと思います。

実際に僕自身も、自分に合う味覚って何?と疑った目で最初は見ていました。

 

ですが、実際に5味(甘味・塩味・酸味・苦味・旨味)を摂った直後に

身体の柔らかさや筋力を検査してみると、

 

全く身体の柔らかさと力の入りやすさが違ったんです。

 

チェックをしてみると、自分が一番合う味覚は「旨味」でした。

旨味を摂った直後は、力がみなぎるような感覚があり、背筋もピッと伸びて、身体の緊張は全く無い感覚がありました。

 

一方で一番合わない味覚は「苦味」でした。

苦味を摂った直後は、力が抜けて、肩や腰なども硬く緊張感がある感覚がありました。

 

自分は旨味を摂ると身体に良い刺激が入り、苦味を摂ると身体に悪い刺激が入ることがこのことから実感しました。

 

実際に合う味覚・合わない味覚は血液型のように人によって全く異なるので、自分に合った味覚を摂取することでボディメイクも普段のパフォーマンスも高めることができるのです。

 

味覚で身体を操れるようにする!

今回は「味覚の重要性」について、

実際の体験談を踏まえてお伝えをしていきました。

 

自分に合う味覚・合わない味覚を理解することで、自分の身体を操れるようになるので、ぜひ皆さんんも試してみて下さい!

 

それでは!

 

 

参考文献

庄島義博「あなたの味覚にピタッと合う味ダイエット」

 

ビジネスパーソン専用パーソナルジムBeU『ビーユー』
トレーナー 高正康平

 

オープン記念キャンペーン実施中!!
お問い合わせはこちら

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BeU , 2020 All Rights Reserved.