アスリートや芸能人も取り入れるファスティングダイエットとは?

高正康平
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

近年はダイエットブームで、糖質制限やケトジェニックダイエット、〇〇ダイエットなど様々なダイエット方法が登場していますが、その1つにファスティングダイエットがあります。

芸能人やモデル、アスリートなどがファスティングを普段から取り入れているということをきっかけに、一般の方でもファスティングに対する認知度はかなり高くなってきています。

本日は、ファスティングダイエットについてのやり方や失敗しないポイントを解説していきます。

 

ファスティングについて徹底解説している記事もございますので、是非ご一読ください。

 

ファスティングダイエットとは?

まずファスティングとは、日本語で「断食」のことを指します。一定期間食事を断つことでダイエット効果を期待して行うのが、ファスティングダイエットになります。

そのはじまりは、宗教的な慣習や僧侶の修行から来ているので、断食=修行でキツイというイメージを持つ人が多いですが、今は飽食の時代で無意識に「食べ過ぎ」が起きてしまっているため、生活習慣病や現代病などの病気が増えています。

 

食べない期間を作ることで体重・体脂肪率が現象するため、ダイエットとして始める方も多いですが、ファスティングの本来の目的としては、内臓を休息させたり、身体の中に溜まっている毒素を排出することです。

先述したように、現代人は1日3食で食べ過ぎになっているだけではなく、加工食品やジャンクフードを毎日のように摂取しており、身体に悪いものがどんどん溜まり不調を起こしています。

また、内臓は食べ物を食べていない時も絶えず消化活動をしているため、肝臓や腎臓、腸などにとても負担をかけてしまっています。

 

敢えて食べない期間を作ることによって、内臓が休まり代謝にエネルギーを使うことができるため、代謝が高まります。それだけではなく、体内で「オートファジー」と呼ばれる、細胞内の不要なタンパク質を作り変えていく働きが活性化することができます。

 

他にも下記のような効果を実感することができます。

  • 消化吸収のスピードが上がり、老廃物を出しやすい身体になる。
  • 味覚が正常になり、添加物やジャンクフードではなく素材本来の味を求めるようになる。
  • 血液が浄化されていく。
  • ミトコンドリアが活性化されて、細胞が若返る。
  • ケトン体を分泌することで不要な体脂肪を燃焼する。
  • 五感が鋭くなり、生産性が向上する。

 

これ以外にも、様々な効果を感じることができるのが、ファスティングです。

 

ファスティングのやり方

 

ファスティングは、16時間ファスティング、1日ファスティング、3日ファスティングなど、様々な方法がありますが、今回はオーソドックスなファスティングのやり方を解説します。

3日ファスティングについて徹底解説している記事もあります。

 

準備期

いきなりファスティングをしてしまうと、身体がビックリしてしまい、頭痛などの好転反応が出やすくなります。なので、身体に負担を掛けないために準備期間を1日〜3日設けて、ファスティングに向けて身体を整えていきます。

 

ファスティング期

ファスティング期は、代謝酵素を働かせる酵素ドリンクを摂り、その他身体に必要なビタミン・ミネラルを最低限補給しながら行います。

ファスティングによって身体にどのような変化が現れるかは、人それぞれですので、体調が優れず、継続が難しい場合は無理はしないようにしましょう。

 

回復期

ファスティング後の内臓は例えるならば、「赤ちゃんの内臓」です。赤ちゃんの内臓にいきなりハンバーガーやアイスクリーム、消化によく無いものを入れたら、どうなるかは容易に想像がつくと思います。

回復食では、消化に良い食べ物を少量摂ることから初めて、徐々に内臓を慣らしていきます。

基本のまごわやさしいの食事については、こちらで解説しています。

 

ファスティングを失敗しないためのポイント

どうせやるならファスティングを失敗させたくない、と思われる方がほとんどだと思います。

僕なりにファスティングを失敗しない=成功させるためのポイントを3つにまとめました。

 

回復期で暴飲暴食をしない。

ファスティングを成功させるためには、断食期間=ファスティングだと考えないことです。

もちろん、身体をリセットさせる期間がファスティング期に当たりますが、それ以上に回復期で食べ過ぎないように気をつけて、暴飲暴食を避けることが大事です。

 

先述したように、ファスティング後の内臓はまるで赤ちゃんのように繊細かつ敏感です。

自分の内臓を労ってあげるように、回復期の食べ物は消化の良いものを選択することがポイントです。

 

目的を決めてファスティングを行う。

ファスティングを成功させるためには、「なぜファスティングをするのか?」「ファスティングを行うことでどういう身体になりたいのか?」=目的を明確にしておくことが大切です。

もちろん、体重を落としたい・痩せたいという目的も1つですが、痩せてどうなりたいのかということを長期的に考えて、ファスティングに臨むことで自分が行なっている意味を理解して、ファスティングを行うことができます。

そうすれば、準備期や回復期にどのような食事をしないといけないのかも自ずと理解できるでしょう。

 

ファスティングを習慣にする。

これが最も大事なポイントになりますが、是非ファスティングを習慣にしてください

1度のファスティングで体重や体脂肪率、身体の体調が良くなったりするかもしれません。

しかし、また以前のような食事に戻したら、身体の中に毒素が溜まっていき内臓には負担がかかりますし、健康に良いものだと思われている食品でも、見えない化学物質が含まれています

 

そのため、ファスティングを月1回、3ヶ月に1回でも良いので習慣にしていくことで、身体はどんどん健康になっていきます。

ただのイベントではなく、習慣としてのファスティングを取り入れてみてください。

 

専門家の元でファスティングを行う

 

今回は、ファスティングのやり方や失敗しないポイントについて、簡単に解説をしていきました。

ただし、自己流でファスティングを行うことは危険があり、専門家の元で行ったほうが、安全により効果のあるファスティングができます

 

筆者は最低でも月1のペースでファスティングを自ら実践し、パーソナルトレーナーとして身体に関する知識も持ち合わせています。

1人でやろうとせずに、まずは専門家にご相談の上、ファスティングを行なってみてくださいね。

 

========

お問い合わせ

  • 医師が推奨するパーソナルトレーニングジムBeU『ビーユー』

パーソナルジムBeU公式HP

体験の申込はこちらから。

友だち追加

パーソナルトレーナー高正康平の友だち追加はこちら。
食事の個別相談や、ダイエット・ボディメイクに役立つ情報を発信していく予定です。

友だち追加

  • ファスティングを軸にしたトータルライフサポート『DOLCE&Style 』

毎月、みんなでファスティングチャレンジも行なっています。チャレンジに関する発信も行なっており、詳細は下記からご覧いただけます。

ファスティングチャレンジの参加をご希望の方は、下記のメールアドレスから。
dolcestylektakamasa@gmail.com


SNSのフォローはこちら

その他、お仕事のご依頼はこちらから。

kohei.takamasa@be-u.jp

 

========

この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BeU , 2020 All Rights Reserved.