1日ファスティングの効果について。3日との違いは?

高正康平
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

プチ断食というのが流行しているように、多くの方が健康法としてのファスティングを取り入れるようになってきました。

 

そこで今回は、1日ファスティングで得られる効果と3日ファスティングの違いについてを解説していきます。

 

ファスティングについて、こちらで徹底解説をしています。

ダイエットやボディメイクをしたいと思っている方は併せてお読みください。

 

1日ファスティングはどのような効果があるのか?

1日ファスティングとはその名の通り、1日の間で固形物を摂らずに食を断つことです。

基本的に「ファスティング」は3日間以上で行われるものですが、1日ファスティングでも様々な効果が期待できます。

 

1日ファスティングをすることで得られる効果は、大きく分けて2つです

 

1. 成長ホルモンの分泌が活性化する。

1日ファスティングを行うことで、胃の中が空っぽになります。

すると、胃・小腸から「モチリン」「グレリン」というホルモンが分泌されます。

モチリンは、お腹が空いた時に胃が強く収縮を起こし、お腹を「グー」っと鳴らせる正体です。

一方グレリンは、空腹時に食欲を出させる「食欲ホルモン」とも呼ばれます。

そしてグレリンが分泌すると、エネルギーの代謝や成長ホルモンの分泌を亢進されます。

 

ポイントは、空腹になると成長ホルモンが分泌されることです。

成長ホルモンは「若返りホルモン」とも呼ばれており、肌や髪・筋肉などの身体のあらゆる細胞を修復してくれるだけでなく、脂肪燃焼や免疫力の向上にも働いてくれます。

 

1日だけでも食を断つことで、成長ホルモンの分泌が活性化されますので、身体にとって様々なポジティブな変化をもたらしてくれるんです。

 

 

2. サーチュイン遺伝子が活性化する。

1日ファスティングをすることで、もう1つ活性化するものがあります。

それが、サーチュイン遺伝子です。

サーチュイン遺伝子とは、「長寿遺伝子」とも呼ばれています。

この遺伝子が活性化すると、細胞内でエネルギー源を作り出す「ミトコンドリア」が増えるとともに、細胞内の異常なたんぱく質や古くなったミトコンドリアが除去されて、新しく生まれ変わる「オートファジー」が働きます。

そのため、細胞を傷つける活性酸素を減らしたり、細胞修復、脂肪燃焼、シミやシワの防止、動脈硬化や糖尿病の予防、さらには認知症、難聴などの予防が期待できます。

 

サーチュイン遺伝子は、食を絶って12時間〜16時間が経過すると、活性化されると言われているため、1日ファスティングでも、これらの恩恵を受けることができるのです。

 

つまり、現代人が抱えている様々な悩みも、1日ファスティングをすることで解決していくことが、大いに期待できるというわけです。

 

1日ファスティングはどのような人が向いているのか?

では、1日ファスティングはどのような人が向いているのでしょうか?

  • 飲み会が週1以上必ずある人
  • 仕事で会食に行くことが多い人
  • すでに肥満だったり、最近体重が増えてきている人
  • 土日は好きなものを食べたい人

もし、上記の項目に当てはまる方であれば、積極的に1日ファスティングを取り入れた方が良いでしょう。

 

特に、飲み会や会食で食べ過ぎ・飲み過ぎてしまった次の日は、1日ファスティングをうまく取り入れて行くことで、身体の老化や体重の増加を抑えることができます。

 

「お腹は空いてないけど、毎日3食食べてるから食べよう」という考えがある方は、

是非その認識を改めて、今後の健康と病気の予防のために、自分の身体に気をつけていって欲しいと思います。

 

1日ファスティングと3日ファスティングは何が違うのか?

冒頭で、ファスティングの基本は3日以上であるとお伝えしました。

では、1日ファスティングと3日ファスティングは具体的に何が違うのでしょうか?

 

3日ファスティングは、1日ファスティングの効果である、成長ホルモンとサーチュイン遺伝子がより活性化されて、どんどん細胞の修復がなされてきます。

 

それに加えて、3日ファスティングは脂肪燃焼が促進されてくるんです。

この正体としては、「ケトン体」です。

 

身体が飢餓状態になると、身体のエネルギー源である糖質も枯渇します。

すると、身体の中にある余分な脂肪を「ケトン体」という物質に変換して、糖質の代わりに脳や身体のエネルギー源として働くんです。つまり、脂肪の燃焼がどんどん活性化されていきます。

 

ファスティング3日目以降になると、通常時や1日目と比較して、およそ20倍〜100倍のケトン体が放出されますので、これが3日ファスティングで得られる大きな効果です。

 

そのため、体重も落としたいし、身体のデトックス、脂肪燃焼、美肌などを全て叶えたい!

という方は、3日ファスティングの方が圧倒的な効果を実感できます。

 

ただし、このファスティングは1度やったとしても、普段の食生活に戻せば簡単に戻ります。

なので、単発で考えるのではなく、あくまで「習慣化」をベースに1日ファスティング、3日ファスティングを取り入れることをオススメします。

 

ファスティングについては、こちらで徹底解説をしております。

 

========

お問い合わせ

 

医師が推奨するパーソナルジムBeU

体験レッスンの申込はこちら。

友だち追加


パーソナルトレーナー高正康平の友だち追加はこちら。

個別相談などお気軽にお問い合わせください。

友だち追加


ファスティングを軸にしたトータルライフサポート『DOLCE&Style 』

定期的にみんなで行うファスティングチャレンジを運営しています。
詳細は下記からご覧いただけます。

ファスティングチャレンジの参加をご希望の方は、下記のメールアドレスから。
dolcestylektakamasa@gmail.com


SNS

仕事のご依頼はこちら。

kohei.takamasa@be-u.jp

========

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BeU , 2020 All Rights Reserved.