バナー:申し込みはこちら

腸に穴が空く「リーキガット症候群」とは?

ファスティング, ライフスタイル, 痛み改善, 食事

こんにちは、パーソナルトレーナーの高正です。

 

今回は、「リーキガット症候群」について、詳しく解説をしていきますので、

どうぞよろしくお願い致します!

 

リーキガット症候群とは?

リーキガット症候群は、漏れる(leaky)と腸(gut)が合わさったもので、直訳すると「腸もれ」です。

その名の通り、腸粘膜に穴が空き、腸から食物の分子や腸内細菌、病原菌などが漏れる状態のことを指します。

 

腸管には腸管バリアが3種類あり、物理的バリア・環境バリア・生物学的バリアが存在して、腸管を守っています。物理的バリアはタンパク質で作られる「タイトジャンクション」、環境バリアは腸内細菌、生物学的バリアは免疫細胞が担っているのですが、リーキガット症候群はこれらのバリアが破綻してしまいます。

 

その結果、毒素や老廃物が小腸から漏れ出して、血管を通り皮膚や各臓器に運ばれるため、様々な身体の不調が起こります。

 

リーキガット症候群の症状は多岐に渡りますが、代表的な症状は以下となります。

  • アレルギー反応
  • 肌荒れ
  • お腹が張る
  • おならが多い
  • アトピー
  • PMSが重い

先述したように、リーキガット症候群になると、全身に毒素が回り、慢性的な炎症を起こします。

その結果、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、糖尿病、肝炎、心不全、鬱症状など、重篤な病気に繋がってしまうこともあるので、予防することが非常に重要です。

 

リーキガット症候群が起きる原因

では、リーキガット症候群はなぜ起きるのでしょうか?

その代表的な要因は下記になります。

 

[aside type=”boader”]

1. グルテン・カゼインの慢性的な摂取

グルテンはグルテニンとグリアジンの2種類のタンパク質が絡み合ったもので、グリアジンが腸にたどり着くと「ゾヌリン」という物質の分泌が活性化されます。このゾヌリンが過剰分泌されると、腸の細胞を緩くして、内容物が漏れ出してしまいます。

また、カゼインは牛乳に含まれるタンパク質の1つで、人はこのカゼインを消化できる酵素を持っていません。カゼインが未消化のまま腸内に送られることで、腸に炎症を起こし、腸粘膜を壊してしまうことが原因の1つです。

 

2. 腸内環境の悪化

腸内環境が様々な理由から悪くなり、悪玉菌が増えることで腸粘膜が壊されてしまいます。食物繊維やビタミン・ミネラルなどの微量栄養素の不足は腸内環境を悪化させる1つの要因です。

 

3. 酸化した油の摂取

・加熱して茶色に変色した油

・マーガリンやファットスプレットに含まれるトランス脂肪酸

・オメガ6の油(サラダ油・コーン油・大豆油など)

は細胞膜の炎症を促進させ、腸粘膜の炎症が起こす原因となります。

 

4. 水銀

水銀は、善玉菌を減らしたり、ミトコンドリアでのエネルギー産生をブロックするため、小腸での細胞の修復が低下する原因になります。

農薬や防腐剤、大型の魚(まぐろ・かじき)の摂取によって、水銀は体内に入ってしまいます。

 

5. カンジタ菌の異常な増殖

カンジダ菌は、口の中や腸の中、性器などに潜んでおり、腸内環境が悪化すると、カンジダ菌が異常に増えて、腸の粘膜に根を張り、穴をあけてリーキガットの原因になります。

カンジダ菌は、

・砂糖の過剰摂取

・アルコールの多飲

・抗生物質

・免疫力の低下

・ストレス

・寝不足

・便秘

・高血糖

などによって、増殖します。

[/aside]

 

日頃の食生活を見直すことで、リーキガット症候群は十分に予防できるので、病気になる前にしっかりと対策をしていきましょう!

 

========

お問い合わせ

 

医師がすすめるパーソナルジムBeU

無料体験レッスンの申込はこちら。

友だち追加


パーソナルトレーナー高正の公式LINE@はこちら。

ご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

友だち追加


ファスティングを軸にしたライフサポート
『DOLCE&Style 』

みんなで楽しく行うファスティングチャレンジを運営しています。
詳細は下記からご覧いただけます。

DOLCE&Style公式FBページ
DOLCE&Style公式Youtubeチャンネル

ファスティングチャレンジの参加をご希望の方は、下記のメールアドレスから。
dolcestylektakamasa@gmail.com


SNS

お仕事のご依頼はこちら。

kohei.takamasa@be-u.jp

========