ケトン体代謝によって起きる「ケトフル」とは?

高正康平
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

こんにちは、パーソナルトレーナーの高正です。

 

皆さんは「ケトフル」という言葉をご存知でしょうか?

今回は、ケトン体分泌に深く関わりがある「ケトフル」について、解説していきます。

 

ケトフルとは?

ケトフルとは、ケトン体がエネルギー源になって間もない時に生じる体調不良のことです。

その症状がインフルエンザに近いことから、ケト・インフルエンザ(通称ケトフル)と呼ばれています。

 

なぜ、ケトフルが生じるのかというと、糖質制限や絶食による糖分の禁断症状が考えられます。

 

私たちの身体は本来、糖質をエネルギー源としていますが、絶食や糖質摂取を1日50グラム以下に抑えることで、脂肪から分解されて作られる「ケトン体」をエネルギー源にして、身体を動かせるようになります。

 

ケトン体をエネルギー源とするケトン代謝になると、脂肪燃焼が促進されたり、βエンドルフィンが分泌されることで多幸感や集中力が増しやすいのですが、一方でケトフルのような症状が起きてしまう方も中にはいらっしゃいます。

 

ケトフルの主な症状としては、以下が挙げられます。

・頭痛

・めまい

・筋力低下

・便秘

・倦怠感

・喉の痛み

・身体の痛み

 

では、ケトフルになりやすいのはどういう人かというと、「糖質過多な食生活をしている人」です。

 

身体には「ホメオスタシス」と呼ばれる恒常性機能が備わっており、いきなり糖質が制限されることで身体に「危険だ」というサインを知らせます。

 

それによって、体調不良に陥ったり、身体に何らかの影響を及ぼすことになるわけです。

 

なので、ケトフルを防ぐためには日頃から糖質過多にならないように、バランスを整えることがポイントです。

 

また、ケトフルの症状が出た時は水分をしっかり摂っていただき、微量ミネラルをサプリメント等で補ってくださいね。

========

お問い合わせ

 

医師がすすめるパーソナルジムBeU

無料体験レッスンの申込はこちら。

友だち追加


パーソナルトレーナー高正の公式LINE@はこちら。

ご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

友だち追加


ファスティングを軸にしたライフサポート
『DOLCE&Style 』

みんなで楽しく行うファスティングチャレンジを運営しています。
詳細は下記からご覧いただけます。

ファスティングチャレンジの参加をご希望の方は、下記のメールアドレスから。
dolcestylektakamasa@gmail.com


SNS

お仕事のご依頼はこちら。

kohei.takamasa@be-u.jp

========

この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BeU , 2021 All Rights Reserved.