ダイエットのために断食をするのは正しいのか?

高正康平
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

こんにちは。パーソナルトレーナーの高正です。

 

本日は、

「ダイエットのために断食をするのは正しいのか?」

 

これについて、解説をしたいと思います。

 

 

ダイエットのために断食をするのは正しい?

最初に結論からお伝えしますと、

ダイエットのために断食をするのは正しいです。

 

ですが、十分に注意しないと逆効果になってしまいます。

 

多くの人の悩みは、

「体重を落としたい」「痩せて綺麗になりたい」といったことです。

 

それ故に、「断食をすれば痩せる」と安易に考えてしまう人も多い。

 

中には自己流でチャレンジして、大失敗してしまう人もいます。

 

断食は大きなダイエット効果がありますが、その反動も大きいということです。

 

そもそもを言ってしまうと、

断食は言葉の通り「食べ物を断つ」行為です。

 

そのため、体重が減るってことはごく当然のことですよね。

 

僕の体験上だと、1回の断食で2キロから3キロは体重を落とすことができます。

 

ただし、ダイエット目的で行う断食で最も大切なことは準備期間と回復期間です。

 

断食中にいくら体重が落ちても、

準備段階で食べ過ぎていたら、その食べたものがそのまま消化されているだけです。

 

いくら頑張って断食をしても、

終了後に爆食いをしたら、待っているのはリバウンドです。

 

そのため、断食を行う際は正しい方法・手順を押さえた上で行なうことが何よりも大切です。

 

「準備期間」と「回復期間」について

では、断食前後の「準備期間」と「回復期間」をどのように進めるかを話していきます。

 

1. 準備期間

準備期間は、断食に向けて身体を整えるための期間です。

この期間はなるべく少食にして、嗜好品を絶っておくことが大切です。

この準備が、断食の成果に直結されるからです。

 

準備期間のポイントは下記の通りです。

1. 12時から20時の間で食事を摂る。

準備期は、食事を12時から20時までの8時間におさめ、16時間の間は、何も摂らないようにします。断食に入る前に、食べ物を摂らない時間を作り、身体を慣れさせておきましょう。

 

2. 加工食品・嗜好品を断つ。

加工食品や嗜好品は、準備期から断つようにしましょう。

具体的には、ジャンクフード・加工食品・スイーツ・カフェイン・アルコール・タバコです。

これらは脳にかかる刺激が強く、禁断症状として頭痛や吐き気などの症状が出やすいです、

なので、最低でも断食2日前には完全に絶っておきましょう。

もし、断食中に禁断症状が出た場合は、専門家の指示に必ず従いましょう。

 

3.  動物性タンパク質の摂取を控える。

断食前には、動物性タンパク質の摂取を完全に控えるようにします。

理由は、動物性タンパク質は消化で肝臓や胃腸に負担がかけるためです。

断食中は、内臓を休めることが大切です。

嗜好品と同様、2日前から控えておきましょう。

その代わり、大豆製品などの植物性タンパク質を積極的に摂りましょう。

 

2. 回復期間

 

断食後はまさに飢餓状態です。

そのため、いきなり普段の食事に戻すと、食欲が暴走してしまいます。

つまり、断食が成功するか、失敗するかは、回復期にかかっています。

 

回復期の具体的な食事内容は下記のようにします。

1日目;大根と昆布の煮汁+きゅうり+味噌汁

1日目は、大根と昆布を40分間煮込んだお汁を大量に(1.5L〜2L)飲みます。

これは、断食後に宿便(真っ黒な水便)を出すためです。

宿便は身体の中に溜まっている化学物質なども排出することができます。

1日目は、煮汁を昼・夜と2回に分けて飲みましょう。

付け合わせでキュウリとお味噌汁も飲むと、満腹感を得られやすいと思います。

 

2日目;お粥、味噌汁、豆類などの植物性タンパク質

2日目は、まだ動物性のタンパク質を控えてください。

お粥、味噌汁、納豆、サラダを中心に、よく噛んでゆっくり食べるようにします。

余談ですが、体重をすぐに戻したい人は2日目以降で白米や魚を食べてもOKです。

 

3日目以降:「まごわやさしい」をベースに加工食品を避けた食事

3日目以降は、動物性タンパク質を含めた食事へと戻していきます。

ただし、添加物の多い加工食品の多い食生活はなるべく避けるようにしましょう。

せっかくの断食が台無しになってしまいます。

コンビニ商品・ファストフード・お菓子などの加工食品を避けた食生活ができれば、断食後もリバウンドすることはありません。

 

今回は、ダイエットのために断食をするのは正しいのか?について解説をしていきました。

 

結論、ダイエットのために断食することは良いです。

 

ただし、準備期間と回復期間をきちんと行うことが重要となります。

 

健康的に痩せて、美しい身体を手に入れるために、上手に断食を組み込んでいきましょう。

 

========

お問い合わせ

 

医師が推奨するパーソナルジムBeU

体験レッスンのお申込はこちら。

友だち追加


高正の友だち追加はこちら。

お気軽にお問い合わせください。

友だち追加


ファスティングを軸にしたライフサポート
『DOLCE&Style 』

みんなで行うファスティングチャレンジを運営しています。
詳細は下記からご覧いただけます。

ファスティングチャレンジの参加をご希望の方は、下記のメールアドレスから。
dolcestylektakamasa@gmail.com


SNS

お仕事のご依頼はこちら。

kohei.takamasa@be-u.jp

========

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BeU , 2020 All Rights Reserved.