バナー:申し込みはこちら

【ブロッコリー】筋トレに最適なブロッコリーの栄養と効能

食事

[pc]

最近は、

筋トレがブームになり、身体作りのためにジムに通っている方も多くいらっしゃいます。

 

そんな中、多くのトレーニーが食事で取り入れているのがブロッコリーなんです。

 

今回は、筋トレや身体作りにぴったりな

ブロッコリーの栄養成分や効能についてお伝えしていきます。

 

ブロッコリーの栄養成分

ブロッコリーは野菜の中でも栄養が豊富な食品です。

まずはじめに、ブロッコリーの栄養成分からご紹介します。

 

ビタミンC

1日のビタミンCの摂取推奨量は約100mgと言われています。レモン1個(120mg)におけるビタミンCは20mgですが、ブロッコリー100gあたりのビタミンC含有量は、生だと120mg、茹でても60mgとかなりビタミンCが豊富です。ビタミンCは水溶性ビタミンで、加熱することによって失われてしまうため、茹でる場合は短時間で塩を入れることで損失を最小限に抑えることができます。

 

βカロテン

βカロテンとは、植物や動物に存在する色素の1つで、体内でレチノール=ビタミンAに変換されます。ブロッコリーは野菜の中でもβカロテンが豊富です。

 

ルテイン・グルタシオン

ブロッコリーにはルテインやグルタチオンが豊富に含まれています。ルテインとは、野菜の色素に入っている成分で抗酸化作用を持ちます。グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸で構成されており、細胞の老化などを防ぐ抗酸化作用を持ちます。

 

その他にも、

ブロッコリーは、葉酸・鉄分・ビタミンB・ビタミンE・ビタミンK・カリウム・食物繊維など

を豊富に含んでおり、ブロッコリーから色々な栄養素を補うことができます。

 

また、トレーニーに人気な理由として、

カロリーが100gあたり33kcalと非常に低カロリーである

タンパク質が100gあたり4.3g含まれており、野菜の中ではタンパク質含有量が多い

 

といったことが挙げられます。

 

ブロッコリーの効能

ブロッコリーは栄養が豊富で、様々な効能があります。

次にブロッコリーの効能について、解説していきます。

 

1. 抗酸化作用

ブロッコリーはビタミンC、βカロテン、ルテイン、グルタシオンなど抗酸化作用の高い成分が多く含まれています。そのため、細胞の老化を防ぎ、身体を健康に保つことができます。

 

2. 免疫力アップ

ブロッコリーには、先述した抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれるため、免疫力がアップします。そのため、風邪や感染症の予防に繋がります。

 

3. 整腸作用

ブロッコリーには豊富な食物繊維が含まれているため、整腸作用があり便秘の解消に繋がります。便は2〜3kgほどの重さがあり、腸の調子を良くすることでお腹周りをスッキリ見せる効果があります。

 

つまり、

ブロッコリーを食べることは、身体作りだけでなく健康のためにも非常に有効的です。

 

食事にブロッコリーを取り入れよう!

今回は、ブロッコリーの栄養成分や効能について解説をしました。

ブロッコリーは栄養価が高く、低カロリーのため、身体作りに欠かせない食品です。

 

お肉や魚との相性も抜群なので、是非日頃からブロッコリーを取り入れていきましょう!

 

 

========

お問い合わせ

  • 医師が推奨するパーソナルトレーニングジムBeU『ビーユー』

パーソナルジムBeU公式HP

体験の申込はこちらから。

友だち追加

 

パーソナルトレーナー高正康平の友だち追加はこちら。
食事の個別相談や、ダイエット・ボディメイクに役立つ情報を発信していく予定です。

友だち追加

 

  • ファスティングを軸にしたトータルライフサポート『DOLCE&Style 』

毎月、みんなでファスティングチャレンジも行なっています。チャレンジに関する発信も行なっており、詳細は下記からご覧いただけます。

 

DOLCE&Style公式FBページ
DOLCE&Style公式Youtubeチャンネル

ファスティングチャレンジの参加をご希望の方は、下記のメールアドレスから。

dolcestylektakamasa@gmail.com

 

SNSのフォローはこちら

その他、お仕事のご依頼はこちらから。

kohei.takamasa@be-u.jp

 

========

 

[/pc]

 

[mobile]

最近は、

筋トレがブームになり、身体作りのためにジムに通っている方も多くいらっしゃいます。

 

そんな中、多くのトレーニーが食事で取り入れているのがブロッコリーなんです。

 

今回は、筋トレや身体作りにぴったりな

ブロッコリーの栄養成分や効能についてお伝えしていきます。

 

ブロッコリーの栄養成分

ブロッコリーは野菜の中でも栄養が豊富な食品です。

まずはじめに、ブロッコリーの栄養成分からご紹介します。

 

ビタミンC

1日のビタミンCの摂取推奨量は約100mgと言われています。レモン1個(120mg)におけるビタミンCは20mgですが、ブロッコリー100gあたりのビタミンC含有量は、生だと120mg、茹でても60mgとかなりビタミンCが豊富です。ビタミンCは水溶性ビタミンで、加熱することによって失われてしまうため、茹でる場合は短時間で塩を入れることで損失を最小限に抑えることができます。

 

βカロテン

βカロテンとは、植物や動物に存在する色素の1つで、体内でレチノール=ビタミンAに変換されます。ブロッコリーは野菜の中でもβカロテンが豊富です。

 

ルテイン・グルタシオン

ブロッコリーにはルテインやグルタチオンが豊富に含まれています。ルテインとは、野菜の色素に入っている成分で抗酸化作用を持ちます。グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸で構成されており、細胞の老化などを防ぐ抗酸化作用を持ちます。

 

その他にも、

ブロッコリーは、葉酸・鉄分・ビタミンB・ビタミンE・ビタミンK・カリウム・食物繊維など

を豊富に含んでおり、ブロッコリーから色々な栄養素を補うことができます。

 

また、トレーニーに人気な理由として、

カロリーが100gあたり33kcalと非常に低カロリーである

タンパク質が100gあたり4.3g含まれており、野菜の中ではタンパク質含有量が多い

 

といったことが挙げられます。

 

ブロッコリーの効能

ブロッコリーは栄養が豊富で、様々な効能があります。

次にブロッコリーの効能について、解説していきます。

 

1. 抗酸化作用

ブロッコリーはビタミンC、βカロテン、ルテイン、グルタシオンなど抗酸化作用の高い成分が多く含まれています。そのため、細胞の老化を防ぎ、身体を健康に保つことができます。

 

2. 免疫力アップ

ブロッコリーには、先述した抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれるため、免疫力がアップします。そのため、風邪や感染症の予防に繋がります。

 

3. 整腸作用

ブロッコリーには豊富な食物繊維が含まれているため、整腸作用があり便秘の解消に繋がります。便は2〜3kgほどの重さがあり、腸の調子を良くすることでお腹周りをスッキリ見せる効果があります。

 

つまり、

ブロッコリーを食べることは、身体作りだけでなく健康のためにも非常に有効的です。

 

食事にブロッコリーを取り入れよう!

今回は、ブロッコリーの栄養成分や効能について解説をしました。

ブロッコリーは栄養価が高く、低カロリーのため、身体作りに欠かせない食品です。

 

お肉や魚との相性も抜群なので、是非日頃からブロッコリーを取り入れていきましょう!

 

 

========

お問い合わせ

  • 医師が推奨するパーソナルトレーニングジムBeU『ビーユー』

パーソナルジムBeU公式HP

体験の申込はこちらから。

友だち追加

 

パーソナルトレーナー高正康平の友だち追加はこちら。
食事の個別相談や、ダイエット・ボディメイクに役立つ情報を発信していく予定です。

友だち追加

 

  • ファスティングを軸にしたトータルライフサポート『DOLCE&Style 』

毎月、みんなでファスティングチャレンジも行なっています。チャレンジに関する発信も行なっており、詳細は下記からご覧いただけます。

 

DOLCE&Style公式FBページ
DOLCE&Style公式Youtubeチャンネル

ファスティングチャレンジの参加をご希望の方は、下記のメールアドレスから。

dolcestylektakamasa@gmail.com

 

SNSのフォローはこちら

その他、お仕事のご依頼はこちらから。

kohei.takamasa@be-u.jp

 

========

[/mobile]