なりたい自分をイメージする

高正康平
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

皆さん、こんにちは!

6月に入って、夏のような暑さが到来しましたね。

 

来週からは梅雨に入りそうですが、

これからの時期は薄着になっていくので、夏に向けてカラダ作りをしていきましょうね^ ^

 

さて、本日からは身体についてのブログも発信していくのですが、

トレーナー日記という形でも、継続的に発信していければと思っておりますので、是非最後までお読みいただければと思います!

 

本日のテーマは、「なりたい自分をイメージする」

ということについてお話ししていこうと思います。

 

皆さんは、「こういう身体になりたい!」という明確なイメージは持っていますか?

女性であれば、「モデルさんみたいに綺麗な姿勢で足を細くしたい」「腹筋に縦線がうっすらと入って、くびれが欲しい」など、多くの方が思っていると思います。

また、男性であれば、「シックスパックになりたい」「男らしい胸筋をつけたい」などがあると思います。

 

僕自身も、学生時代から身体が小さく、コンプレックスがたくさんありました。

男のわりにひ弱な身体で、ラグビー選手のようなガッチリとした身体になりたい!と思っていました。

 

そこから、パーソナルトレーナーという職業に就き、自分でトレーニングをするようになって、身体はかなりガッチリしてきたと思います。(まだまだ成長途中ですが)

 

そんなコンプレックスを抱えていた僕だからこそ、身体作りをする上で大事になるマインドセットがあると思っています。

 

それは、「理想の自分を明確にイメージすること」です。

いやいや、さっき挙げたこういう身体になりたいっていうことでしょ?

 

確かに先ほど挙げた事例も合っています。

しかし、もっと明確で具体的なイメージをすることが大事であると考えています。

 

例えば、ローラのような身体に憧れているのであれば、ローラの写真をスマホの待ち受けや、家の机の前などに貼っておき、毎日憧れの身体を見るようにします。

 

また、自分の身体を「ここがダメだ。。」「ここが嫌だ」とネガティブに考えるのではなく、「ここがこうなったらいいな」や「これが良くなったら私の身体は自信を持てる」というようになるべく前向きに、ポジティブに考えるようにするのです。

 

そうすると、人間の脳は自分の理想のイメージや身体についての情報を自然と集めるようになり、必要な知識であったり、どういうトレーニングをやるべきかという部分が、見え始めてきます。

そのため、自分のなりたい身体に向かって、ブレる事なく継続していくことができることでしょう。

 

なので、身体を変えたいと思っている方は、是非具体的かつ明確なイメージを持つようにしましょう^ ^

また、それまでの長い道のりを苦しんで行わずに、楽しんで行なっていきましょう!

 

それでは、また次回お会いしましょう!

 

 

ビジネスパーソン専用パーソナルジムBeU『ビーユー』
トレーナー 高正康平

 

体験トレーニング実施中!
お問い合わせはこちら

 

 

皆さん、こんにちは!

6月に入って、夏のような暑さが到来しましたね。

 

来週からは梅雨に入りそうですが、

これからの時期は薄着になっていくので、夏に向けてカラダ作りをしていきましょうね^ ^

 

さて、本日からは身体についてのブログも発信していくのですが、

トレーナー日記という形でも、継続的に発信していければと思っておりますので、是非最後までお読みいただければと思います!

 

本日のテーマは、「なりたい自分をイメージする」

ということについてお話ししていこうと思います。

 

皆さんは、「こういう身体になりたい!」という明確なイメージは持っていますか?

女性であれば、「モデルさんみたいに綺麗な姿勢で足を細くしたい」「腹筋に縦線がうっすらと入って、くびれが欲しい」など、多くの方が思っていると思います。

また、男性であれば、「シックスパックになりたい」「男らしい胸筋をつけたい」などがあると思います。

 

僕自身も、学生時代から身体が小さく、コンプレックスがたくさんありました。

男のわりにひ弱な身体で、ラグビー選手のようなガッチリとした身体になりたい!と思っていました。

 

そこから、パーソナルトレーナーという職業に就き、自分でトレーニングをするようになって、

身体はかなりガッチリしてきたと思います。(まだまだ成長途中ですが)

 

そんなコンプレックスを抱えていた僕だからこそ、身体作りをする上で大事になるマインドセットがあると思っています。

 

それは、「理想の自分を明確にイメージすること」です。

いやいや、さっき挙げたこういう身体になりたいっていうことでしょ?

 

確かに先ほど挙げた事例も合っています。

しかし、もっと明確で具体的なイメージをすることが大事であると考えています。

 

例えば、ローラのような身体に憧れているのであれば、ローラの写真をスマホの待ち受けや、家の机の前などに貼っておき、毎日憧れの身体を見るようにします。

 

また、自分の身体を「ここがダメだ。。」「ここが嫌だ」とネガティブに考えるのではなく、「ここがこうなったらいいな」や「これが良くなったら私の身体は自信を持てる」というようになるべく前向きに、ポジティブに考えるようにするのです。

 

そうすると、人間の脳は自分の理想のイメージや身体についての情報を自然と集めるようになり、必要な知識であったり、どういうトレーニングをやるべきかという部分が、見え始めてきます。

そのため、自分のなりたい身体に向かって、ブレる事なく継続していくことができることでしょう。

 

なので、身体を変えたいと思っている方は、是非具体的かつ明確なイメージを持つようにしましょう^ ^

また、それまでの長い道のりを苦しんで行わずに、楽しんで行なっていきましょう!

 

それでは、また次回お会いしましょう!

 

ビジネスパーソン専用パーソナルジムBeU『ビーユー』
トレーナー 高正康平

 

体験トレーニング実施中!
お問い合わせはこちら

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高正康平
BeU代表/ストレッチ専門店、整形外科、大手パーソナルジムなど様々なバックグラウンドで3000人を超える指導実績を持つ。 お客様の目標や悩みに全力で応えるため、ボディメイク/姿勢改善/パフォーマンスアップに必要な知識と経験を網羅している。 フィットネスを通じて、1人でも多くの人生を豊かにしたいという想いからBeUを設立。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BeU , 2020 All Rights Reserved.