サッカーの持久力トレーニングはHIITやタバタ式だけで十分??

斎藤岳
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
斎藤岳
医師やアスリートなど、幅広いお客様にトレーニング指導を行っている。身体の動かし方や癖を日々研究しており、「1回のトレーニングで必ず変化を実感してもらうこと」をコンセプトにしている。 トレーニング指導の傍ら、スポーツの上達方法や身体の原理原則について動画配信をしており、BeU独自のトレーニング方法の監修している。

 

近年、サッカーにおける持久力トレーニングの主流となっているのはHIITやタバタ式プロトコルといった間欠的持久力を鍛えるようなインターバルトレーニングだと思われます。

 

一方で長い距離を一定のペースで走るような有酸素系のトレーニングに関しては何も考えずに走ってしまう方がいて私自身非常にもったいないと感じることが多いです。

 

今回の動画ではサッカー選手の有酸素トレーニングはどのくらい行っていったらいいのかについて解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
斎藤岳
医師やアスリートなど、幅広いお客様にトレーニング指導を行っている。身体の動かし方や癖を日々研究しており、「1回のトレーニングで必ず変化を実感してもらうこと」をコンセプトにしている。 トレーニング指導の傍ら、スポーツの上達方法や身体の原理原則について動画配信をしており、BeU独自のトレーニング方法の監修している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BeU , 2020 All Rights Reserved.